相続・遺言に関するご相談は千葉市の行政書士中野法務事務所にお任せください

相続・遺言 西千葉相談室

相続財産の名義変更について

相続による財産の権利移転には名義変更手続きが必要なものとそうでないものがあります。

 

ここでは名義変更手続きが必要な代表的なものをご説明します。

 

銀行預金・株式

 

一般的に被相続人の死亡が銀行などの金融機関で確認されるとその預金口座は凍結されます。これは一部の相続人が勝手に預金を引き出すなどの行為を防ぐためです。

 

 

なのでまずは口座を開設した金融機関に相続が開始した旨を連絡しましょう。

 

その後、「相続手続のご案内」などの冊子が送られてきますので、それをもとに手続きを進めていきます。

 

具体的には各金融機関によって取り扱いが多少異なります。

 

遺産分割協議がある場合、遺産分割協議がない場合、遺言に基づく移転の場合で必要書類も異なってまいります。

 

被相続人が口座をたくさん有していた場合は数も多く面倒になります。

 

 

自動車

 

名義変更の手続きは、新しい所有者の住所地(使用の本拠地)を管轄する運輸支局等で手続きを行います。軽自動車の場合は、軽自動車審査協会にて所有権移転登録を行ないます。

 

被相続人と新所有者で管轄する運輸支局が変わる場合はナンバープレートの変更も必要になります。

 

 

不動産

 

登記簿の登記名義人が被相続人名義の不動産(土地・建物)があった場合は、相続による移転登記をしていく必要があります。

 

手続きは不動産の住所を管轄する法務局で行います。


相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください


   043-441-8358

          (受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝応相談)
トップへ戻る