相続・遺言に関するご相談は千葉市の行政書士中野法務事務所にお任せください

相続・遺言 西千葉相談室

遺言書を作るメリット

かつては「遺言書なんて縁起が悪い」という方もおられました。ですが、いよいよ危なくなったときにあわてて作るのでは、間に合わないこともあるかもしれません。ある程度元気なうちに考えて書いておくことをおすすめします。

 

また「うちは揉め事はおこらないから必要ない」という方も多いですが、法定相続はあくまで遺言がない場合の一般的な基準です。揉める揉めないにかかわらずそれぞれのケースにふさわしい相続の仕方を考え遺産を継承していくことが望ましいです。

 

それでは、ここでは遺言書を作るメリットについて説明します。

 

 

遺産争いを未然に防げる

 

相続発生後、残された親族間で遺産争いになるケースは枚挙にいとまがありません。これは資産のある家庭に限った話ではなく、むしろ「うちは相続税もかからないし、引き継ぐほどの財産なんてないから」というときの方が財産の取り合いになることが多いと言われています。資産がある場合は多少当てが外れてもいくらかは取り分があるため、納得しやすいのかもしれません。

 

もしも遺言書がある場合は基本的には遺言にしたがって遺産を分けていくことになりますし、また、遺言書をもとに話し合いができますのでこのような争いを未然に防ぐことができます。

 

特定の人に財産を確実に残せる

 

遺言書がない場合は、法定相続人による共同相続になりますので、例えば不動産を所有している場合は相続人らの共有となります。しかし、事実上土地や建物を共有していくのは実際的ではありません。話し合いによって丸く収まればよいですが、家族間の力関係によって誰かが独り占めしてしまうということもありえます。

 

遺言書があれば特定の財産を特定の相続人に確実に譲り渡すことができます。

 

 

相続手続きの負担を減らせる

 

たとえば被相続人が銀行預金や株式の口座をたくさん開設していたような場合、それらの名義変更のために各金融機関にそれぞれ書類を提出していくことになりますが、そのひとつひとつに法定相続人全員の署名・押印や印鑑証明書等が必要になってきます。相続人が国外や国内の遠隔地に散らばっていたりすると、書類に印鑑を押してもらうだけでも結構な時間と手間がかかります。

 

もしも遺言書で遺言執行者を指定しておけば、これらの手続きを遺言執行者が単独で行えるようになり、手続的にかなりの負担軽減になります。

 

 

自分の希望を伝えることができる

 

お世話になった人へのお礼や葬儀の方法やお墓の希望、または子どもの認知や相続人の廃除などさまざまな希望を遺言に書いておくことで残される人に伝えることができます。


相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください


   043-441-8358

          (受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝応相談)
トップへ戻る