相続・遺言に関するご相談は千葉市の行政書士中野法務事務所にお任せください

相続・遺言 西千葉相談室

遺言書の保管方法

せっかく作成した遺言をどこに保管するか、相続人に伝えておくか、は難しい問題です。

 

自分がなくなる前に発見されて、書き換えられたり、捨てられたりすることを恐れて、そう簡単には見つからない場所に保管してしまうと、遺言書が発見されないまま相続手続きが進められてしまう可能性があります。そうなると、内容によってはすでに行われた遺産分割協議をやり直さなければなりません。

 

とはいえ、すぐに分かる場所に保管するのも、書き換えや破棄のリスクがあり、落ち着かないでしょう。

 

 

この点、公正証書遺言の場合は公正証書の原本が公証役場に保管されているので安全です。相続人らにどこの公証役場に遺言があるかだけを伝えておけばよいでしょう。

 

自筆証書遺言の場合や秘密証書遺言の場合は、自分で保管するか信頼できる誰かに預けることになります。誰かに預ける場合、隠匿や改ざんの危険を避けるという観点からは、遺産に何の利害関係のない第三者に頼む方が望ましいでしょう。当相談室のような専門家に依頼して保管してもらうというのも一つの方法です。

 

また、取引銀行の貸金庫に預けておくという方法もあります。ただし、この場合遺言者の死後、貸金庫を開けるためには相続人全員の同意書などが必要になります。


不動産の評価



トップへ戻る