相続・遺言に関するご相談は千葉市の行政書士中野法務事務所にお任せください

相続・遺言 西千葉相談室

遺言Q&A

未成年者でも単独で遺言はできますか?

 

15歳以上なら単独でできます。

 

遺言は財産処分をともなう法律行為の一種なので、未成年者がするには親権者の同意が必要になるかとも思えますが、民法は15歳以上であれば遺言ができるとしています(民法961条)。

 

 

成年被後見人は遺言をすることができますか?

 

一時的に判断能力を回復しているときであればできます。

 

成年被後見人(精神上の障害により判断能力を欠くとして家庭裁判所から後見開始の審判を受けた者)であっても、一時的に判断能力を回復していると認められるときであれば、医師2人以上の立ち会いのもとで有効に遺言をすることができます(民法973条)。
なお、被保佐人、被補助人はいつでも単独で遺言をすることができます(民法962条参照)。

 

 

遺言書に日付や押印がない場合、その遺言は有効ですか?

 

法律が要求する方式を満たさず無効になります。

 

しかし、遺言としては無効でも、その遺言書の記載内容によっては別途死因贈与として認められる可能性があります。例えば特定の財産を遺贈する遺言で、生前に受遺者との合意があったような場合です。

 

遺贈が死因贈与に転換されるには以下の@〜Cをみたしていることが必要です。

 

@特定の財産の遺贈であること
A遺言者が財産を譲り受ける者に遺言の内容を告げていること
B財産を譲り受ける者がその受け取りを承諾していること
C上記AとBを書面(遺言書)などで証明できること

 


相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください


   043-441-8358

          (受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝応相談)
トップへ戻る