相続・遺言に関するご相談は千葉市の行政書士中野法務事務所にお任せください

相続・遺言 西千葉相談室

成年後見制度とは

 

成年後見制度は、従来の禁治産・準禁治産制度に替わり平成12年から導入されました。この制度は、判断能力の不十分な人(例えば認知症の高齢者や統合失調症などの精神障がい者)に保護者をつけることで「本人の財産保護と自己決定権の調和」を図る制度です。

 

認知症や障がいの程度は個々の人によって様々であるため、本人の判断能力の程度によって本人の財産行為の制限される範囲や保護者の権限の範囲が異なってきます。

 

成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の2種類があります。

 

 

法定後見・・・すでに判断能力が低下している場合

 

法定後見は、すでに本人の判断能力が低下している場合に、家庭裁判所の審判によって保護者を決めてもらう制度です。

 

本人の判断能力の程度によって「後見」「保佐」「補助」の3種類に分かれます。

 

 

任意後見・・・今は判断能力が十分あるが将来の低下に備えたい場合

 

任意後見制度は、本人の判断能力が十分あるうちに、将来判断能力が低下した場合に備えて保護者になってもらう人とあらかじめ契約を結んでおくという制度です。

 

任意後見の場合は、後見事務の内容や、誰に後見人になってもらうかを自分で選べる点が法定後見と異なります。

 

 

法定後見制度(後見・保佐・補助)

任意後見制度

すでに判断能力が低下している場合

まだ判断能力がある場合

後見人は家庭裁判所が決定

将来後見人になる人を本人が決定


相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください


   043-441-8358

          (受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝応相談)
トップへ戻る