相続・遺言に関するご相談は千葉市の行政書士中野法務事務所にお任せください

相続・遺言西千葉相談室

誰が相続人になるのか?

誰が相続人になるのかは、民法に定められています。

 

被相続人が遺言を残していれば、その意思に従います。遺言がない場合には民法の規定によって相続人の範囲が確定されます。

 

ここでは遺言がない場合の法定相続人の範囲について説明します。

 

(1)まず、被相続人に配偶者がいる場合は、配偶者は常に相続人になります。

 

(2)次に、被相続人に子がいる場合は、子が相続人になります。

 

被相続人に子がいたけれども被相続人よりも先に死亡していたという場合は注意が必要です。その子に子どもがいる場合、つまり被相続人にとっての孫がいる場合は、孫が相続人になります。これを代襲相続といいます(民法887条2項)。子も孫も死亡したがひ孫がいるという場合は再代襲します(同3項)。

 

 

(3)被相続人に子や孫がいない場合は、直系尊属が相続人になります。

 

直系尊属とは、父母、祖父母などがこれにあたります。義理の父母は含みませんが、養父母はこれに含みます。

 

 

(4)被相続人に子、孫、直系尊属がいない場合は、兄弟姉妹が相続人になります。

 

兄弟姉妹が死亡しているがその兄弟姉妹に子がいる場合は代襲相続します(民法889条2項)。ただし、兄弟姉妹とその子が死亡しているが、その兄弟姉妹に孫がいた場合については再代襲はしません。

 

 

なお、これらによっても相続人がいない場合や、相続人がいるかどうかが明らかでない場合は、その相続財産は民法の規定に従い一定の手続きを経て国庫に帰属します。


相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください


   043-441-8358

          (受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝応相談)
トップへ戻る