相続・遺言に関するご相談は千葉市の行政書士中野法務事務所にお任せください

相続・遺言 西千葉相談室

相続割合の計算方法

各共同相続人の相続割合は、まず被相続人が遺言により指定していたら、それに従います(指定相続分)。
被相続人の指定がないときは、法律の規定によって定まります(法定相続分)。

 

以下、法定相続分について説明いたします。

 

1.相続人が子と配偶者の場合

 

子=2分の1、配偶者=2分の1

 

子が数人いる場合、平等に頭割りします。
子は血族に限りますので、再婚相手の連れ後などはここにいう子に含みません。
養子縁組をした場合は法定血族となりますので、子に含まれ相続人となります。

 

 

2.相続人が直系尊属と配偶者の場合

 

直系尊属=3分の1、配偶者=3分の2

 

直系尊属が数人いる場合、平等に頭割りします。

 

 

3.相続人が兄弟姉妹と配偶者の場合

 

兄弟姉妹=4分の1、配偶者=4分の3

 

兄弟姉妹が数人いる場合、平等に頭割りします。


相談は無料です。まずはお気軽にお電話ください


   043-441-8358

          (受付時間 平日9:00〜18:00 土日祝応相談)
トップへ戻る