遺言書を書くメリットは何ですか?

ひとつは、遺言書を書かないと法律で決められた相続分で親族らに相続されることになるので、遺言書を書くことで自分の好きなように遺産を分配できる、という点が挙げられます。そのままでいると、仲の良くない親族や疎遠な親族にも遺産が分配されてしまうことがあります。

次に、遺言書を書くことで終末期の不安を取り除き、安心して以後の生活を送れるようになります。あの時に書いておけばよかったと、後になって思うような事例は後を絶ちません。

3つ目に、遺言書に明確に意思を示しておくことで関係する親族が余計な駆け引きをすることを避けられ、結果として「争族」を防止することにつながります。