遺言書を発見した場合どうすればいいですか?

その遺言書が「手書き」だったら、自筆証書遺言になりますので、「検認」という手続きが必要になります。なので、もし封印がしてあるときは、封印をしたまま、最寄りの家庭裁判所に電話で「検認」手続きのやり方について問い合わせましょう。

もし、その遺言書が印刷された文字で書かれていて表紙に「公正証書」という記載があるときは、公正証書遺言になります。この場合は、中を見て「遺言執行者」が指定されているかどうかを確認しましょう。遺言執行者が指定されている場合は、その遺言執行者に連絡をします。連絡先を知らない場合は、遺言書に住所が記載されているはずなので、その住所あてに相続が開始した旨の通知を出しましょう。