所長雑感
開業10年をむかえて

当相談室を運営するOWL行政書士事務所は2013年6月1日をもって、開業から10年の節目を迎えました。 最初は実家で自宅兼事務所としてスタートしました。 開業してすぐに先輩事務所の先生からお声がけいただき、勤務行政書士と […]

続きを読む
遺言
入院中の親族に遺言書を書いてもらうには?

【相談事例】 入院中の親族が「私のことはすべてお前に頼む」と言ってくれているが、確実に相続をするために遺言書を作成してほしいと思っている。何かいい方法はないか?   このように、入院中の親族の遺志が明確なのに遺 […]

続きを読む
遺言
自筆証書遺言の方式緩和について|2019年法改正により遺言作成が簡単に

2018年(平成30年)7月に相続法の改正が行われました。約40年ぶりの大改正となります。背景としては、平均寿命が延び、社会が高齢化する中で社会経済の変化に対応する必要があるという事情があります。 今回は、その大改正の中 […]

続きを読む
遺言
緊急時の遺言の残し方|危急時遺言とは

病気や事故などで緊急事態となり、すぐにでも遺言を作成しないと間に合わない!という場合に認められるのが危急時遺言です。この記事では危急時遺言について説明します。 危急時遺言の位置づけ――「特別方式」の一つ 遺言には大きく分 […]

続きを読む
遺言
秘密証書遺言とは|書き方・作成手順・注意点を解説

秘密証書遺言は、誰にも内容を知られずに作成できる遺言書です。 遺言書を書きたいけど、自分にはどの形式の遺言書が最適なのかわからないという方は、この記事を読んでください。 秘密証書遺言の特徴、書き方、作成手順や注意点を解説 […]

続きを読む
遺言
コロナに感染する前に遺言書を! 発症してからでは間に合いません

現在猛威を振るっている新型コロナウイルス。もし罹患してしまったら、遺言書を作成することは可能でしょうか? 新型コロナウイルス陽性と診断されると、軽症・重症問わず入院することが原則とされています(指定感染症)。ただし、患者 […]

続きを読む
相続手続き
遺留分とは?相続財産を取り戻す「遺留分減殺請求」の方法

遺言によって、全財産を特定の人に贈与されていた場合に、そのほかの相続人たちは、何の権利もなくなるのでしょうか? この記事では、遺留分の意義と遺言で贈与された相続財産を取戻す具体的な方法について説明します。 1.遺留分とは […]

続きを読む
相続手続き
遺産を開示しない相続人への対処方法

相続人の一人が遺産を管理していて、他の相続人が遺産を知りたくても教えてくれない。そんなケースがよくあります。また、明らかに少ない金額しか言わず、遺産隠しが疑われることもあります。そんなときに、他の相続人がとりうる手段につ […]

続きを読む
遺言
遺言執行者がいる場合の相続手続きの流れ

遺言執行者とは遺言書に書かれた財産の相続などの内容を実際に行う人のことをいいます。ここでは、遺言執行者の意義、選任方法や遺言執行者がいる場合の相続手続きの流れを説明します。 1.遺言執行者を指定することの意義・メリット […]

続きを読む
遺言
公正証書遺言の作成手順と手続きの流れ

公正証書遺言は、遺言を公正証書として作成することで、遺言書の存在と内容について「お墨付き」をもらう方法です。 遺言書を作成する方法(方式)はいくつかありますが、この公正証書遺言が最も安全確実に遺言内容を実行できるでしょう […]

続きを読む